人工芝の謎


人工芝ってキラキラとしたGREENがインスタ映えするのよね?

ついつい写真撮りたくなっちゃう。

でも、そもそも人工芝って本当に良いの?


まず、この人工芝ですが、西多摩には菅生とネッツ多摩S&Dフィールドだけ。

西多摩には希少な人工芝グラウンドだけど、東京中を見渡すと、増殖中ね。


トレセンも中学生の公式戦もミンナ人工芝での開催。

高円宮杯に出場を決めたU15の強豪クラブもほとんどが人工芝で活動してる。

もちろん、強豪高校やJユースはミンナ人工芝で練習してる。


でも、これってナゼだ?

インスタ映えするからだけじゃなさそうだ。


まず、パフォーマンスについて。

どうやら、土のグラウンドに比べて、上達のスピードが早いこと。

そして、スポーツ障害やプレイ中のケガも少ないことが、科学的に証明されていたんだ。


なるほど、カッコよく見えて気分がアガル!からじゃないのか!

上手くなるし、怪我も少なくて、言うことなしだね。

土のグラウンドに比べて、泥だらけにならないしママの洗濯も楽ちんだ。


ちなみに、伊達公子選手の早稲田大学大学院の論文もテニスコートについて。


日本のテニスのレベルが上がらないのは、世界で日本にしかないコートでテニスさせるからじゃん!

っていうもの。


スポーツにおいて、環境って大事ね。

なんて言ったって、人工芝でのプレイは楽しい。

西多摩に人工芝のグラウンドがあるんだもん。

GONAでサッカーしようぜ!






Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
​▼お問い合わせフォーム